カフェのチラシデザインの作り方

チラシのターゲットは誰なのか?

チラシにお客様が反応して頂ける確率はおよそ0.1%なので、単純計算しても1000枚配布し1枚のみが効力を発揮するという競争率が激しい世界なのですが、できるだけ反応してもらうために必要なチラシデザインは明確にターゲットを絞り込む事です。

カフェのチラシの作り方

カフェは街中で膨大な数が営業していますが、漠然とチラシデザインをするのではなく各々の店舗によって異なるセールスポイントを見つけて、チラシデザインに落とし込む事が重要になります。

ただし、オーナーやスタッフなどカフェの現場で働いている方々は見慣れているからこそセールスポイントに気が付けない事例が多いので、見方を変えてお客様達が何を求めて来店しているのかを考えるようにすれば、訴求ポイントは何かがイメージしやすいです。

チラシデザインはターゲットが明確化されている程ピンポイントかつ効果が高い物に仕上げやすく、既に常連客や固定客が一定の数が居るのなら普段の客層を元にして詳しく設定することが可能です。

具体的には性別をはじめ人数やオーダーが入りやすいメニューを分析しつつ、カップルもしくはファミリーといった団体の様相にも考えを向け、価格や雰囲気など重要視している事も明瞭にさせると良いです。

チラシの情報は厳選しよう

そして、チラシデザインはウェブサイトなどとは異なり一枚の紙という限られたスペースの中でしか訴えかける事ができない広告物なので、つい情報を詰め込んでしまいがちになってしまうのですが、より良いチラシデザインは必要な情報だけに絞り込んで掲載する事で成り立ちます。

多数の情報が掲載されている場合は一見親切なように見えるものの、メインとなる案内が明瞭にならないので伝えたい事がわからず、結果的にはお店のコンセプトもわからなくなります。

特にオープンして間もないカフェや新規のお客様を集めなければならないシーンに直面している事案では詰め込みすぎてしまうので、訴求ポイントは何かをじっくりと考えチラシデザインの全体を作ってください。