チラシデザインの依頼とチラシ作成ポイント

企業でも個人でショップでも集客するためには広告を出しますが、チラシもよく活用されています。チラシデザインを自分で考えて作成するオーナーもいますが、一般的には制作会社に依頼するケースが多いです。チラシを制作する場合は、まずコンセプトを明確にします。メッセージが伝わらないとチラシとしての機能は果たせないので、ターゲットとする人に内容がしっかりと伝わるチラシを作成します。チラシデザインの基本は、見やすくてわかりやすいことです。キーポイントとなる伝えたいメッセージが前面に出るようにデザインします。写真やイラストを上手に使うと、何のチラシであるかを見た人に瞬時に伝えることができます。文字は詰め込みすぎずシンプルな方が情報が読み取りやすくなり、全体のイメージも落ち着いた印象になります。見やすくわかりやすいチラシは、コンセプトをストレートに伝えることができます。優れたチラシはレイアウトの基本を押さえています。

チラシデザインのレイアウトについて

レイアウトの基本を忠実に守ることで、チラシデザインがより魅力的になります。情報の重要度に応じてコントラストを加えると、最も重要な情報に目がいきます。余白を取ることで読みやすくなり、色分けをすることで伝えたい部分を強調することができます。チラシ制作では色が重要です。同じ色でまとめると統一感は出るものの地味でインパクトが薄くなります。赤やかな色を加えれば、チラシにメリハリがつき全体が引き締まります。裏面も使いたい場合は、表とは違うモノクロにすると情報が記憶に残りやすいです。色は人間に様々な影響を与えます。グリーンだとリラックスした雰囲気を与えることができ、ピンクだと優しさが出ます。色を使いすぎると逆効果なので、できるだけ絞って使います。チラシはフォントの選択で印象が変わります。フォントには様々な種類がありますが、制作会社と相談して全体のイメージに合ったフォントを選ぶことが重要になります。