チラシデザインの作成をプロに依頼する際のポイントについて

チラシはマーケティングの基本であり、これを疎かにしてはいけません。ネット系のマーケティング手法が流行っています。しかし年配の方々や女性はまだまだチラシをメインにしています。アナログの媒体の方が不特定多数の人々に、セールや新製品の情報を広く浅く伝えられる利点も大きいです。チラシデザインはプロのデザイナーに依頼しましょう。全くの個人経営のお店なら、店長自らがコストカットのためチラシデザインをしなければなりません。しかし個人で作成したチラシは良いも悪いもアマチュアな感じが現れやすく、製品やキャンペーンの内容が正しく伝わらない恐れがあります。プロのデザイナーにチラシデザインを依頼するためにはコストが必要です。その代わり高品質な宣伝ツールがゲットでき、広告としての威力はとても高くなり、巡り巡って投資した額以上のリターンが得られるでしょう。

チラシデザインを依頼する際のポイント

チラシデザインを依頼する際のポイントですが、デザイナーの方とは綿密にコミュニケーションを交わしたいところです。最近はメール等で簡易的な依頼をする流れが顕著です。合理的なコミュニケーション方法ではありますが、文字だけの意思疎通では祖語が生まれるのも自明の理でしょう。出来ればフェイストゥフェイス、実際に対面して打ち合わせに臨み、それもまた繰り返し納得ができるため、デザインのリテイクは出した方が良いです。勿論コミュニケーションに挑む前に、チラシデザインにどのようなコンセプトを求めるか社内でしっかりと洗い出しておきましょう。コンセプトが揺れたまま打ち合わせをすると時間がただただ長引きます。伝えたい事項は何だろうか、最もユーザーの心を打つ表現はどんなものなのか、社内会議でキャッチコピーやチラシデザインの狙いは先に練っておきたいところです。素材の提供が必要な場合もあります。新製品の画像やキャンペーンのイメージを連想させる写真がチラシデザインの過程で必要であれば、さっそくデザイナーの方に提供すべきです。解像度の高い写真でなければ、高品質なプリントアウトに耐えられません。もし手元に解像度の低いデータしかなければ、広報担当者に相談して、再撮影です。

チラシデザインの依頼 についてはこちら