チラシの作成依頼をする際のポイント

実際にチラシデザインの作成を依頼する場合は特定のデザイン事務所やデザイナーに委託する場合とコンペという形でお願いする場合でポイントが大きく異なります。特定のデザイン事務所もしくはデザイナーに依頼する場合であれば、どのようなコンセプトで作ってほしいかというものを先に伝えます。そして話し合いを何回か重ねていく中でよりよいものを作ってもらうことになりますが、一方でどれだけ要望をしてもしっくりいくものが出来ないという問題点があるのも事実です。そのため、明確にコンセプトを伝えることなどが問われます。次にコンペを行ってチラシデザインの作成をお願いするケースですが、この場合は複数のフリーランスのデザイナーなどがそれぞれに作品を出してもらうことになります。しかし、ただお願いするだけではどんなものを作ればいいのかがわかりません。そこで材料となるものをいくつか提供し、その中で作ってもらうというのが一般的です。

チラシのイメージはなるべく端的に伝えよう

この際のポイントは端的にわかりやすくイメージを伝えられるかです。ある程度のコンセプトを伝えて、方向性は見せつつも想像もつかなかった提案をしてもらうことができればそのコンペは成功です。あくまでもそれらはチラシデザインのみの話であり、ここに印刷が加わるとコンペで行うことよりも一括でチラシデザインを任せ、印刷まで行うというのが一般的です。コンペでチラシデザインを決めて、それから印刷だけをお任せすることもできますが、これだと場合によっては時間がかかってしまい、スピーディーにチラシを出すことができなくなります。費用面を取るのか、それともこだわり抜いていいものを作るのか、そのあたりのことはしっかりと考えることが大事です。よりよいものを作りたい、世に出したいという場合にはコンペを活用することがおすすめです。ただ日数をある程度決めておきたい場合には一括で任せるのも1つの手です。何を重視するのか、そこにかかっています。