印象に残るチラシデザインを制作するには

チラシを作るときは見る人の印象に残るデザインにすることが大切です。どれだけ派手にしても印象に残らなければ、集客や訴求にはつながりません。そこで大切なのは見る人の立場で考えて製作することです。多くの人は何分もかけてチラシを見続けることはありません。瞬間的に興味をそそられなければ、視線は素通りしてしまいます。つまり一瞬で心を掴むための工夫を施すことが重要なポイントです。

 

印象に残るチラシデザインを制作

チラシデザインは分かりやすく

そのためには分かりやすさを追求する必要があります。理解に時間がかかるデザインは印象に残らないどころか、嫌悪感を持たれてしまうかもしれません。そのような事態を避けるには、印象的な写真(画像)を積極的に使用するのがおすすめです。文字と違って写真や画像はインパクトが強く、込められたメッセージも伝わりやすいです。プレゼンの資料でも文字を少なくして、写真や画像を多用する傾向があるのはそのためです。文字ばかりで息が詰まるような構成は避けて、図解をするイメージを持って作りましょう。

一方でメッセージを伝えるには、やはり文字によるアピールも欠かせません。伝えたいことを絞って、心に残るキャッチコピーを考えることが大切です。多くのことを伝えようとして、文章をたくさん書くのは良くありません。よほど興味がある人以外は読んでくれませんし、何が大切なのか伝わりにくいです。場所や発売日といった情報は必要ですが、それ以外の情報はカットしてしまうのも一つの手です。そうするとキャッチコピーの存在感が強くなり、心に残りやすくなるメリットがあります。

デザインやコピーにストーリー性を

またストーリー性を重視する構成にすれば、読んだ人の印象に残りやすいです。たとえば問題を提起するスペースから、それを解決するスペースに続けるようなレイアウトが考えられます。問題を読んで共感した人は、解決策を知りたいので読み進めるでしょう。解決策として商品やサービスが紹介されていれば、問題とそれらが結びついた状態で記憶に残ります。

デザイン依頼 / 印刷

チラシ・ポスター・名刺

ブランディング・ロゴ依頼

企業 / ブランド / 商品 / 団体

フライヤーデザイン

イベント / コンサート/ バンド / ライブ

学習塾のチラシ制作のポイント

少子化が懸念されていますが、その一方で子供に必要な学力を身に付けさせたい、進学させたいと親が子供の教育に熱心になる傾向が強くなっています。学校での授業だけでは学習量が不足しているのではないかと考え、学習塾に通わせたいと考える親が少なくありませんただ学習塾も昔と比べてかなり増えましたから、限られた生徒に選んでもらうように、魅力をアピールすることが必要です。そこで重要なのは、学習塾のチラシを作成して、魅力をしっかり伝えられるようにすることです。

カフェのチラシデザインの作り方

チラシにお客様が反応して頂ける確率はおよそ0.1%なので、単純計算しても1000枚配布し1枚のみが効力を発揮するという競争率が激しい世界なのですが、できるだけ反応してもらうために必要なチラシデザインは明確にターゲットを絞り込む事です。 カフェのチラシの作り方 カフェは街中で膨大な数が営業していますが、漠然とチラシデザインをするのではなく各々の店舗によって異なるセールスポイントを見つけて、チラシデザインに落とし込む事が重要になります。 

捨てられないポスティングチラシの作り方

チラシデザインは第一印象が肝心です。 日々、様々なチラシが投函されてくる中、パッと見た時の印象が良くないとすぐにゴミ箱に捨てられる可能性が高まります。 捨てられないようにするためのコツとしては、保存性を高める内容にすることです。そしてひとつの案に、チラシ自体をクーポンにする方法があります。お得な割引特典が付加されることで保管しておこうとする意識が高くなりますので、財布などにもそっと入れておいてもらいやすくなるでしょう。有効期限が長ければそれだけ取っておかれる期間も長くなり、定期的にお得なチラシを発行することで、常に存在を認知してもらえます。

クラシックコンサートのチラシ作りについて

クラシックコンサートのチラシを作る上で大事なことは、最初にイベントの価格帯に合うかどうかということを考えることです。 世界的にも名だたる楽団がコンサートを開くというのに安っぽいものを作ってしまっては印象が悪くなってしまいますし、逆に趣味の延長線レベルの演奏会のチラシに力を入れすぎても堅苦しいイメージが強くなってしまいます。 やはり、入場をするのにお金がかかるイベントともなればクラシックコンサートという性質上、高尚な印象を感じさせるチラシというのが効果的になりますし、多くの人に演奏を聞いてもらいたいということを重視したイベントであれば親しみやすさが重要となってきます。